企業情報詳細

日本計測システム株式会社

所在地:桜井市 大西526-1
業種:製造業
従業員数:30名(令和元年10月現在)
資本金:1500万円
URL:http://www.jisc-jp.com/

事業内容

代表者村井敏夫
事業所奈良本社・工場、関東営業所
関連会社
主要取引先日本発条、村田発條、イーグル工業、三菱製鋼、アドバネクス、中央発條、パナソニック、東芝、日本電産、トヨタ自動車、本田技研工業等 敬称略 順不同
設立1992年(平成4年)12月
平均年齢43歳(令和元年10月現在)
売上高6.3億円
電話番号0744-46-5521
FAX番号0744-46-5527
取引品目ばね試験機、荷重試験機、トルク試験機 等の計測機器
事業案内計測機器の設計・製造・販売・アフターメンテナンス

企業理念

「継続はチカラなり」 車の揺れが少なく、快適に運転できる。ペットボトルのキャップを誰でもストレスなく開けることができる。普段何気なく使用している身の回りのモノが、こんなに快適に使用できるのは、ものづくりをしている企業の研究努力があるからです。 当社はその研究を支える「計測機器」を開発・製造しているメーカーです。ニーズを把握し継続的な改善を行い、顧客満足度を高め、人々の快適な生活を支える「製造業の縁の下のチカラ持ち」として、広く社会に貢献する-「継続はチカラなり」が当社の企業理念です。

当社の仕事・魅力・今後のビジョン

ばねの力を計測する「自動ばね試験機」を主軸に、日本を代表する自動車メーカーで使用されるサスペンションや、ボールペンや洗濯バサミのような身近な生活雑貨まで、製品開発や品質管理に欠かせない『力の計測をするシステム』を提供し、国内のみならず、海外でもあらゆる分野のモノづくりの精度向上に貢献しています。 モノの力を計測し数値化を行う計測器のシステム開発から、設計・製造・販売・アフターメンテナンスまで一貫して行っているのが当社の強みです。「かゆい所に手が届くものづくり」を支えるため、弊社も「かゆい所に手が届く計測機器」を目指しています。

若手社員からのメッセージ

弊社の試験機にはモータやセンサーを制御するソフトウェアが組み込まれており、その開発を担当しています。お客様の「やりたい」や「これを測定したい」を元にして、ハードウェア担当者が設計した試験機にソフトウェアを組み込みます。安全と品質を第一に考え、お客様が直接触る表示や操作部は使いやすいようカタチにします。開発途中さまざまな問題点が発生しますが、試行錯誤を繰り返してできあがった試験機をお客様に使っていただくのが私の喜びです。

フリーエリア

万葉集で「やまとは国のまほろば」と詠われた時代、奈良は渡来人からの最先端の技術を導入した工業地帯でもありました。東大寺の大仏建設には、当時の工業技術の枠を集めた鋳造技術が駆使されています。 そんな奈良でものづくりに携わりたいと思っている方、奈良から世界に向けた仕事をしたい方を募集しています。