2020-12-24 : 野菜を食べようプロジェクト(農林水産省)

 今秋は、気候が良好に推移し、全国的に野菜の生育が良好となり、出荷量が増加したため、野菜の価格が大幅に下落しています。 

   また、1日当たりの摂取量は平均280グラム程度であり、摂取目標量(350グラム)を大きく下回っている状況です。

 そこで、農林水産省では、野菜の消費拡大を推進するため、「野菜を食べよう」プロジェクトを実施しています!

  野菜はビタミンやミネラル、食物繊維、機能性成分が豊富に含まれています。お手頃な価格となっているこの機会に、野菜をもっと食べて毎日を元気に過ごしましょう。



(取組例)

〇野菜を使うメニューの調味料(鍋スープやドレッシング)とタイアップした野菜の消費拡大キャンペーン

〇野菜を豊富に使用したレシピや商品アレンジの提案

〇野菜を豊富に使用した新メニューの開発

〇既存メニュー・商品への野菜増量タイプ、トッピングの追加

〇販売サイトにおける野菜の消費拡大キャンペーンの実施



詳しくはこちら

「野菜を食べよう」プロジェクト:農林水産省 (maff.go.jp)