2020.05.26 : 新型コロナウイルス感染症の影響により実習が継続困難となった技能実習生等に対する雇用維持支援について(出入国在留管理庁)

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により解雇等され、実習の継続が困難となった技能実習生などの外国人労働者の方々が、再就職し、就労が継続できるよう、当面の間の特例措置として、最大1年間の「特定活動(就労可)」の在留資格を許可することとしています。

詳しくはこちら(法務省HP)