- 奈良県中央会の概要 -

令和3年度 通常総会を開催

 奈良県中小企業団体中央会は、6月7日奈良市法蓮町の奈良ロイヤルホテル鳳凰の間において、第66回通常総会を開催しました。
 

令和3年度通常総会 会長挨拶

【主催者挨拶:佐藤会長】
【主催者挨拶:佐藤会長】
 本日は、まだまだ新型コロナウイルス感染症の感染拡大が落ち着かない中、会員組合の皆様のご理解
ご協力をいただきまして、昨年度に引き続き、できるだけ規模を縮小し、所要の対策を講じた上で、
こうして令和3年度の通常総会を開催できましたこと、まずは心から感謝を申し上げる次第でございます。

 県内の業界・組合の景況認識は、新型コロナの感染拡大やこれに伴う様々な制限等の影響により、
「厳しい状況が続いており、先行きも見通せず今後更なる影響拡大・悪化を懸念している」といった状況
でございます。
様々な構造的課題と相俟って、中小企業・小規模事業者を取り巻く経営環境は、未曽有の難局に直面
しております。

 このような状況のもと、我々組合・中央会としては、より一層「組織の力・連携の力」を発揮していく
ことが益々重要となり、今、求められていると認識をしております。

 中央会といたしましては、これまで以上に、会員組合の皆様との「絆と結束」を一層強固なものとし、
個々の組合等に寄り添った伴走型の「きめ細かな支援」を肝に銘じて、積極的に事業展開を図ってまいり
たいと考えております。

 会員組合の皆様には、引き続き、ご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げまして、総会開催に
あたってのご挨拶とさせていただきます。

令和3年度通常総会概要

 本年度の総会は、新型コロナウイルスの感染リスクを回避するため、ご来賓のご臨席はお願いせず、
会員組合の皆様にもご理解・ご賢察いただいたうえで、できるだけ規模を縮小した形で粛々と開催いた
しました。


 総会では、令和2年度事業報告、財産目録、貸借対照表、収支決算書及び剰余金処分案並びに令和3年
度事業計画及び収支予算案等に関する議案がすべて承認されました。
 また、総会資料の説明において令和元年度まで例年11月に関係4団体共催で実施してきた「奈良県
中小企業・小規模事業者活力強化集会」における要望決議・要望書手交について、令和3年度から新たに
中央会単独で要望活動等を行うことなどのご報告をいたしました。

第66回通常総会資料

第66回 通常総会議案 download