トップページ > 奈良県中央会について > 主な活動内容 > IT活用研究会 > アンケート結果報告1
中小企業団体中央会について

IT活用研究会

第2回IT活用研究会参加者アンケート結果

2001年12月4日(火)に実施した第2回「IT活用研究会」の参加者を対象に、企業のIT活用についてのアンケートを行なった。回答者は32名、参加者の所属企業の業種は図1の通りである。ネットショップ(BtoC)がテーマの研究会であったため、第1回の研究会の時に多かった製造業の企業の参加者は少なかった。

図1 参加者所属企業の業種
図1 参加者所属企業の業種

 

1.企業経営者のITへの取り組みについて
企業の経営者がITやインターネットについてどのように考えているかという質問に対しては、「組織の戦力化をITで推進できる」という最も積極的な考えが63.0%と多数を占めた(図2)。具体的にIT活用研究会を通して行ないたいこととしては、「ネット通販の行ない方を知りたい」「ホームページの効果と作成のポイントを知りたい」「中小企業のITの成功事例を知りたい」といった意見があった。

 
図2 ITに対する経営者の考え
図2 ITに対する経営者の考え

 

企業の経営トップのIT活用状況については、過半数(55.2%)がコンピュータを「いつも利用」しており、電子メールについても48.3%が「業務に積極的に利用」している(図3)。

 
図3 企業経営者の電子メール利用度合い
図3 企業経営者の電子メール利用度合い

 

1ページ | 2ページ