よくある質問(Q&A) | 奈良県中小企業団体中央会

- 組合管理の手続きとQ&A -

事業について

Q1.異業種組合における共同事業の利用は一部の組合員でも良いですか。

組合員について

Q2. 加入拒否の「正当な理由」の解釈に教えてください。

Q3. 持分払戻し方法変更のための定款変更の議決は組合員全員の同意が必要ですか。

Q4. 持分の譲渡はどのようにすればよいですか。

Q5. 除名要件について教えてください。

Q6. 組合の申し合わせをやぶった組合員の除名は適当ですか。

管理について

Q7. 規則、規約等の定義について説明願います。

Q8. 定款、規約等の相違点の解釈について教えてください。

Q9. 定款変更の効力発生時期はいつですか。

Q10. 法令の改廃等により当然変更する定款の変更手続きはどうすればよいですか。

Q11. 地区を拡大するための定款変更の認可行政庁はどこですか。

Q12. 事務所の所在地登記は建物の名称まで記載する必要があります

Q13. 組合員資格の定款記載方法で「注」と記入してもよいですか。

Q14. 役員の責任とその解除について教えてください。

Q15. 役員重任禁止の是非を教えてください。

Q16. 役員(理事)と組合との関係を教えてください。

Q17. 全役員辞任の場合の新任者の任期について教えてください。

Q18. 理事の自己契約について理事会の承認を必要としますか。

Q19. 理事の辞任届の効力について教えてください。

Q20. 理事、監事の決算書類に関する責任は総会後何年ですか。

Q21. 理事の兼職禁止規定の解釈について教えてください。

Q22.「組合員たる法人の役員」たる地位を喪失した理事の員外理事就任はできますか。

Q23. 員外理事の資格を青年部の役員に限定できますか。

Q24. 員外理事の代表理事就任は可能ですか。

Q25. 決算関係書類の監査を監事が拒んだ場合の処理はどのようにすれば良いですか。

Q26. 賛助会員制について教えてください。

役員選挙について

Q27. 認可を受けない変更定款による役員選挙は適法ですか。

Q28. 認可を受けない変更定款により役員選挙が行われた場合の定款変更認可方針はどのように

すべきですか。

Q29. 指名推選により当選した当選人が理事就任を辞退した場合の効力はどのようになりますか。

Q30. 任期満了前の役員選挙について教えてください。

Q31. 定数に満たない役員選挙はどのように処理を行うべきですか。

Q32. 役員の選出を議長に一任できますか。

理事会・総会について

Q33. 理事会招集期間の短縮は可能ですか。

Q34. 理事会の権限の一部を委任できますか。

Q35. 理事会に欠席した理事の責任はどうなりますか。

Q36. 総会における白紙委任状の取扱いはどうなりますか。

Q37. 白紙委任状はどのように解釈されますか。

Q38. 白紙委任状の行使はどのようにすればよいですか。

Q39. 委任状による代理制限の規程について教えてください。

Q40. 委任状による議決権行使について教えてください。

Q41. 委任状による代理制限について教えてください。