2019.02.08 : 愛知県における豚コレラの患畜の確認及び「農林水産省豚コレラ防疫対策本部」における対応方針の決定について(農林水産省)

2月6日、愛知県豊田市の養豚農場において、豚コレラの患畜が確認され、この農場から豚が出荷されていた滋賀県及び大阪府等の関連農場においても、豚コレラの疑似患畜が確認されました。これら関連農場においては、防疫指針等に基づき、本病のまん延防止のために殺処分等の防疫措置が講じられることとなっています。
豚肉の摂食により、豚コレラが人に感染することはOIEの情報からも世界的に報告されておりません。
農林水産省といたしましても、豚コレラ関係情報を随時ホームページに掲載していくほか、豚肉の安全性に関する消費者、流通業者及び製造業者への情報提供を含め、正確な情報の提供に努めることとしております。

農林水産省(URL)