トップページ > 奈良県中央会について > 主な活動内容 > IT活用研究会 > アンケート結果報告1
中小企業団体中央会について

IT活用研究会

第9回IT活用研究会参加者アンケート結果

11月29日(土) 奈良ロイヤルホテル(奈良市)において、〜奈良で頑張る会社のIT活用〜と題して実施した第9回「IT活用研究会」の参加者を対象に、企業のIT・インターネットの活用等についてのアンケートを行なった。回答者は31名、参加者の所属企業の業種は図1の通りとなった。

図1 参加者所属企業の業種
図1 参加者所属企業の業種

 

1.IT導入の目的とその効果、心配する点など

企業にITを導入するための目的としては、「業務のスピードアップ」が最も高く、つぎに「顧客に対するサポート、サービスの強化」と「情報の共有」との回答があった。IT導入の目的については、業務のスピードアップを重要視していることがわかる。

(3) 貴社でのIT導入についての目的を選んで下さい。(複数回答可)
図2 IT導入の目的
図2 IT導入の目的

 

実際にITを導入して得られた効果としては、「業務のスピードアップ」と「情報の共有」、「顧客に対するサポート、サービスの強化」がそれぞれ高く、図2のIT導入の目的から見ると、IT導入後の効果を得ていることが見て取れる。

(4) ITを導入して、効果があったことは何ですか?(複数回答可)
図3 IT導入後の効果
図3 IT導入後の効果

 

IT導入において心配する点としては、「セキュリティが心配」が最も高い。増え続けるウィルス被害やデータ流出問題などからセキュリティにおいての感心が高い。

(6) IT導入において心配していることがはありますか?(複数回答可)
図4 IT導入において心配する点
図4 IT導入において心配する点

 

ITに対する予算については、「増やす」「同じ程度」を合わせると約60%とITかける予算に対し肯定的な意見が大半だが、「減らす」と回答した会社が25.8%あり、ITの予算についても検討する姿が見受けられる。

(9) 貴社では、ITに対する予算は、今後どうされますか?
図5 ITに対する予算について
図5 ITに対する予算について

 

1ページ | 2ページ